環境事業への取り組みについて

弊社は、ATS Vプラン2025を中期ビジョンとして、企業活動の重要な基盤である、環境事業活動にも取り組んでいます。
その一例として、平面だけでなく球や曲面立体、円柱やボトルなどの立体物にダイレクトに印刷する「HK工法(3次元加飾印刷)」を実現。シールやフィルムを貼る必要を無くすことで、環境負荷低減への取り組みを進めています。また、環境対応インキについての研究も進めています。

日本アーツの環境取組み実績一覧

弊社では、ISO14001(環境マネジメントシステム)と連携した、「エコ100」プロジェクト活動を展開し、設計から納品、そして廃棄工程まで検討し、あらゆる案件で100%何らかの環境配慮をする取り組みを推進しています。

対象物件 環境対応策 効果
立体物 各パーツの紙厚・紙質を統一し、多丁付け出来る効率的な寸法に調整 用紙削減
木工材ををリボード材に変更 紙として廃棄可能
両面テープをベルクロ(マジックテープ)に変更 繰り返し取り外しが出来て、持ち回り使用が可能
生産ロット削減
取扱い説明を立体物本体に印刷 取扱い説明書の紙が不要
薄く・小さくノックダウン出来る仕様にする 梱包材の削減
運送量削減により排気ガス排出量を削減
トムソン加工 レーザーカットの活用 木型材料が不要
印刷物 表面加工のPP貼りをニス引きに替える ポリプロピレンが不要
小ロットはデジタル印刷やオンデマンド印刷の活用 版が不要
印刷予備紙の削減
FSC認証紙や環境配慮用紙の使用 環境保全貢献
映像 紙の印刷物を映像化。またCD-RやDVDに替えてWEB配信 記録メディアの盤・ジャケット・ケースが不要