3次元加飾印刷3次元加飾印刷

従来グラビア印刷でしか出来なかった鮮やかな色彩を、平面だけでなく球や曲面など、ほとんどの固形物に印刷可能です。

従来の印刷限界

HK工法で、従来の限界を克服

工法による印刷適性比較表

項目 HK工法 スクリーン印刷 パッド印刷 インクジェット
3次元曲面への対応
容易
×
困難

容易
×
困難
高速印刷の対応
ロータリー式で
高速化
×
困難
×
不向き
×
不向き
鮮明さ
(精度、精細度)

非常に良い

普通

良い

限定される
多色印刷
(プロセス)

同時重ね
多色印刷
×
乾燥必要
×
不可能

可能
インク膜厚さ
薄膜〜厚膜
均一製膜

最大
×
不均一
×
調整不可
印刷面積
最大実績
2000x2200mm

大型可
×
かなり狭い

狭い
多種少量対応 ×
切り替え
時間多い

普通

切り替えロス

最も容易
印刷対象材
多様な対象

平面

限定される

限定される

HK工法(3次元加飾印刷)紹介動画

ご質問・お問い合わせ

3次元加飾印刷(HK工法)についてのご質問・お問い合わせはこちら。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム